Category Archives: Marimekko

Foyer Group各店は、以下の日程で冬季休暇をいただきます。
期間中はご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承下さいますよう
宜しくお願い申し上げます。

 

いつも marimekko高松店をご愛顧いただきありがとうございます。
1月2日(日) 10:30より一部商品ではございますが、お客様に日頃の感謝を込めてセールを開催致します。

特別なこの機会に皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。

※セール対象外商品があります。
※※セール商品のお取り置き、お取り寄せは致しかねますので予めご了承ください。

marimekko高松店

087-802-6335

「未来の風景」がインスピレーションの今シーズン。
秋の風景や、そこに暮らす動物たちから着想を得たデザインの数々が登場。

人気のKetunmarja(ケトゥンマルヤ/キツネとベリー)は、販売中のテキスタイルアイテムに加えテーブルウェアも入荷。
他にも、マイヤ・イソラ作のPuu kuutamossa(プー クータモッサ/月光に照らされた木 1979年)、石本藤雄作のLepo(レポ/休息 1991年)やアイノ゠マイヤ・メッツォラ作のJoiku(ヨイク/サーミ人の伝統的な歌 2008年)など、自然の魅力にあふれたプリントデザインが登場。新しい視点から大自然の風景を表現します。

Marimekko高松店 087-802-6335

Fall/Winter 2021シーズンのバッグコレクションは、毎日使いたいコットンキャンバス地シリーズからアニバーサリーを記念した特別感のあるアイテムまで、バリエーション豊富なラインナップ。

シーズンのスタートに登場するのは、毎日カジュアルに使えるコレクション。Unikko(ウニッコ/ケシの花)はスクエアで区切ってコラージュアートのようなデザインに。一目ではUnikkoとわからないさりげない取り入れ方が新鮮。定番がま口シリーズは、優しいピンクとホワイトの組み合わせ。リサイクルポリエステル素材を使用してサステナブルなスマートシリーズは、ロイヤルブルー×ブラックの色合いがシックな印象。

販売開始予定日:9/17(金)
*インポート商品のため入荷が遅れる場合がございます。

Marimekko高松店 087-802-6335

初秋の穏やかな陽射しが似合うテーブル風景。
心地よい雰囲気を演出してくれるキッチンアイテムがバリエーション豊富に登場します。

Karhuemo(カルフエモ/母熊)はAino-Maija Metsolaによる今シーズン初登場の新柄。
けたたましい足音とともに疾走する母熊、そして地面を見つめながら立ち上がろうとする子熊の様子を描いた作品です。
Joonas(ヨーナス)柄を象ったエンボスが美しいコルクのポットホルダーも登場。ボウルやマグカップの蓋としても使えます。
豆をモチーフにしたAlku(アルク/始まり)はシックなグリーン系で登場。

販売開始予定日:9/3(金)
インポート商品のため入荷が遅れる場合がございます。

Marimekko高松店 087-802-6335

かつて、マリメッコの創設者 Armi Ratia(アルミ・ラティア)が構想したユートピア “Marikyla(マリキュラ/マリヴィレッジ)”の世界。
そこからインスピレーションを得て、イラストレーター/デザイナーとして活躍するJenni Tuominen(イェンニ・トゥオミネン)が新作プリントを制作。その名も “Marikyla” が誕生しました。今シーズン、ホームコレクションとして登場します。
8月20日(金)より通常販売を開始。

Marimekko高松店 087-802-6335

Topへ戻る